経済(総合問題)

問題は10問ずつランダムに出題されます。すべての問題を回答して、Play Again を押して繰り返し学習しましょう。

経済(総合問題)

UNCTAD「国際連合貿易開発会議」は途上国の経済開発促進と自由貿易促進を目的として国際連合が設置した会議である。
TPPはモノの関税だけでなく、サービス、投資の自由化、音楽や小説などの知的財産、金融サービス、電子商取引、国有企業の規律など、幅広い分野でルールを構築する経済連携協定である。
第二次大戦後の日本の激しいインフレは、シャウプ勧告により日本経済が復活した。
日本銀行は「発券銀行」「銀行の銀行」「政府の銀行」と呼ばれる。
シェンゲン協定に加盟している国家間では、出入国検査なしで国境を超えることができる。
シャウプ勧告とは、戦後占領期の1949年(昭和24年)2月に、日本経済の自立と安定とのために実施された財政金融引き締め政策のことである。
プラザ合意の結果、アメリカのドル安の歯止めが効かなくなり、円高ドル安傾向が継続的に続いた。
TPP「環太平洋パートナーシップ協定」はアメリカを中心としたアジア太平洋地域における幅広い分野で21世紀型のルールを構築する経済連携協定である。
労働生産性とは、労働の成果を労働量で割ったもののことをいう。
1929年のアメリカ・ニューヨーク取引市場の大暴落が引き金となり、世界恐慌が世界の資本主義社会へ広がった。
タイトルとURLをコピーしました